当選の流れ

マスコミ各位へ

会社概要

タダヤサイメルマガ
は必須項目です
  • ※メールアドレスを入力して登録又は解除を選択してください

      
ホーム宮田さん農家
宮田さん農家

宮田さん農家の野菜

宮田さん農家の野菜

当農園におけるサラダほうれん草は平成16年12月に春日部農林振興センター主催の企業的農業経営セミナーでも取り上げ られ「葉物の硝酸含量低減化技術」 と言う題名で南部地域担当村田さんの講義でもされてましたがまだ実験段階であり具体的 な対策としては難しいようです。
業界・マスコミなどでも一部社会問題となっています。 農業先進国のオランダを始めとするヨーロッパ諸国ではすでに 法律で基準を設けて栽培されています。

ほうれんそうの特徴

ほうれんそうの特徴

現在、水耕無農薬栽培、低硝酸サラダほうれん草など安心安全な 野菜作りを目指し安定した生産をしています。
今回宮田農園では、通常 6000ppm以上と言るほうれん草の 硝酸態チッソ(NO3 ̄)をもっとも厳しいと言われるヨーロッパ基準と 同等のなんと「半分以下の2000ppm台」での栽培を年間を通して成功しました。
H16の早春から研究を続け年間を通じて、通常含まれる硝酸態チッソ (NO3 ̄)の半分以下の2000ppm台の栽培に成功し、すでに昨年春から 出荷しているのは三郷市でも初めてで、他では真似の出来ない水耕栽培なら ではの画期的な技術革新です。
天気や光合成の条件によっては1000ppm~2000ppmまで簡単に低 コストで下げられます。

宮田さん農家のこだわり

宮田さん農家のこだわりポイント

ノウハウはいつでも開示していますのでどなたでも気軽にお尋ね下さい。
全く苦味もアクもなく、生で食べても少し甘味のあるほうれん草になりますが、 あまり下げてしまうと、葉や根が白くなってしまったり折れやすくクオリティ が悪くなります。
生で食べるサラダほうれん草ですから、少しでも苦味の無い“低硝酸・無農薬栽培” の美味しく体に優しいサラダほうれん草をたくさんたべてもらいたい一心で栽培 しています。

宮田さん農家の画像

宮田さん農園のご紹介

生産地 埼玉県三郷市
生産者 宮田 孝治

宮田さん農家取材後のコメント

宮田さんの農園の設備には驚きを感じる。
鉄骨ガラスハウスの天井はガラス製(通常ビニール製が多い)でありハウス内もきれいに整頓
され非常にクリーンであるのが印象的だった。
栽培方法も土を使わない水耕栽培だけに、農園を歩き回ってみても泥が靴に付着する事がな
かった。 更に鉄骨ガラスハウス天井は雨を寄せ付けない(露地栽培のように農産物に雨が付
着する事がないので放射能対策となる)が太陽光は眩しいほどハウス内を照らす。
そして極めつけは無農薬栽培である。
完璧なまでのほうれんそうだった。